だらだらやる時刻が惜しい。これはどうにかならないカタチか。とくに自家発電に張る時刻が自分は以上に長い。

だらだらやる時刻が惜しい。これはどうにかならない賜物か。とくに自家発電に引っかける時刻が私は以上に長い。1時刻から2時刻ぐらいやる。もしこういう時刻を勉強についやしていたら、きっと自身は東大の医学部に上出来してハーバードに留学していたことはゆるぎない核心です。ていうかいまスタンスを変えた。こういうだらだらやる時間はどうしようもないのだ。だからほかの時刻を削り取るか、自家発電できない有様で作業するしか乏しいのだ。そういうわけで電源プラグつきのカフェで作業してある。思えば高校生のあたりもそうだった。塾の自習室に出向くまでは全然記録が上がらなかった。中学校の辺りは塾でも身の回りがいたからエネルギーが途切れたから、高校生のあたりはすべてなれ合うことをやめた。高校生では家で勉強することはすべてしなかった。みんな内職か自習室。そしたら偏差バリューは一気に20も上がった。どれだけ私が自家発電で時刻を無駄にしているかが分かるな。ほんとに無駄な時刻すぎる。もっと有効なことに使えていたら・・・はい、そう思って頑張ろう。私が選んだおすすめの消費者金融でお得にキャッシングしましょう。